“言いたいことを言う!”

 

みなさん、こんにちは。

 

今日は久々のOFF!
楽しく、芝刈り(golf)に行ってました。

 

 

写真を撮るのも楽しいし、
人と一緒にいるのも楽しいし、
スタッフの成長を見るのも楽しいし
飲むのも楽しいし、
ゴルフをするのも楽しい!

 

あっ、もちろん家族といるのも楽しいです!

 

 

 

今日は、自分の中で普段から思っていることを、
お伝えしますね。

 

それは、
“言いたいことを言う!”
と言うことです。

 

「みなさんは、どの程度、
言いたいことを言えていますか?」

 

 

私はそうですねー。
70%くらいは言えてるんじゃないかと思います。

 

基本的に喋るのが好きタイプなので、
言いたいことがあったら、
ついつい言いたくなってしまうたちです。

 

とはいえ、
目上の方や、自分より優れていると思ってしまう人、
に対しては、
相手に遠慮しがちなので、
言いたいことを言えないことも、山ほどあります。

 

 

目上の人や、自分より優れていると思ってしまう人、
に対しては、
自分と対等ではなく、自分を下にして接してしまっているのは、
自分の弱さですね。

 

元来、人は皆同じだと思っています。
お高いに尊敬しあい、対等に接することができたら、
気を使う必要もないんですけどね。

 

 

それはさておき、
”言いたいことを言う”
って、とっても大切なことだと思います。

 

多くの人が、自分の言いたいことを言ったら、
・嫌われる
・仲間外れにされる
・生意気だと思われる
・自分中心だと思われる

 

って思っているんですよね。

 

 

やっぱり嫌われたくない。
それが、一番かもしれません。

 

でも、言いたいことを言ったら、
本当に嫌われるのでしょうか?

 

実は、その言いたいことを、
同じように考えている人も
多いかもしれません。

 

言いたいことを言うと、
一部の人からは、もしかしたら嫌がられるかもしれませんが、
同じように考えている人たちからは、
賛同されるかもしれないのです。

 

自分の言いたいことを言わないと、
自分が何を思っているか、
相手にはわかりません。

 

自分は何も言わず、
相手はわかってくれないかな、察してくれないかな、
と言うのは自分にとって都合のいい考え方です。

 

 

 

自分の言いたいことを言うのは、
自分の考えを伝えると言うことで、
自己開示につながります。

 

自己開示することで、
まわりから、親しく思ってもらえたり、
信頼される確率も高くなるのです。

 

ほとんどの人が、リスクを取らず、
言いたいことを言わず、
相手に合わせてしまっていると思います。

 

それが日本人らしさ、日本人っぽさ、
かもしれませんが、
個人的には、言いたいことを言える人になりたいと思っています。

 

 

 

って、まあまあ、
言いたいこと言ってますが。

 

 

最終的に、
言いたいことを言うときは、
自分の信念に基づいて、言えばいいのです。

 

ただの感情に任せて言うのではなく、
自分の深い部分で思っている信念をベースに、
それを伝えることで、もっと良くなることを信じて、
言えばいいのです。

 

写真に例えると、
言いたいことを言う=表現したいことを表現する
と言うことです。

 

まあ写真家としては、当たり前のことですよね。

 

自分をしっかりと持って、
自分の言いたいことを言い、
表現したいことを表現していきましょう。

 

 

 

自分のやりたいことをビジネスにしたい方。
自分の強みを知りたい方、
まもなく、個人コンサルをスタートします。
写真を仕事にしたい方、お問い合わせくださいね。
hisashi_morifuji@onuki.tv

 

 

 

森藤ヒサシ Hicky

 

 

 

 

森藤ヒサシのイベントやセミナー情報はメルマガを中心に発信しています。

メルマガは大変多くの方に購読いただいており
「毎日メールが来るのが楽しみ!」
とご好評いただいております。
FBなどでも、セミナー案内もしておりますが、
メルマガで詳しく説明しておりますので、
ぜひメルマガ登録しておいてください!!
もちろん無料です。
ウザくなったら解除してね。

森藤ヒサシのメルマガ”LIght & Shadow”はこちらから ↓↓↓↓
http://www.photo-bliss.com/mailmagazine.html

#森藤ヒサシ #Bliss

関連記事

ピックアップ記事

  1. 人気講座「Newアドバンスコース」が、5月9日(木)に開講します。
  2. 私自身、長年シーニックフォトを撮り続けてきました。
  3. た〜くさんの方にお越しいただいた、森藤ヒサシの写真展「Nature& Art」「写真...

アーカイブ

Translate »