1-17″黒レフの使い方” -黒レフを使ってシャドーをしめてかっこよく-

 

みなさん、こんにちは。

 

今日のポートレート108のテーマは、

”黒レフの使い方”
-黒レフを使ってシャドーをしめてかっこよく-
をお伝えします。

 

 

みなさん、”黒レフ”ってわかりますか?

 

黒いレフ板のことです。

 

 

通常レフ板は、
光を反射させて、影の部分を明るくしたり、
反射した光を被写体の顔に当てて、
メインライトとして使うこともあります。

 

レフ板は、明るくするのが役割ですが、
黒レフは、暗くするのが役割なのです。

 

面白いでしょう。

 

 

 

ポートレートを撮るとき、
被写体にどういう光を当てればいいのか?

・柔らかい光かかたい光か?
・光をどこから当てればいいか?

ということばかりに目が行きがちです。

 

 

でも、ただ光を被写体に当てればいいのではなく、
どのくらいのコントラストで撮影するか?
というのも重要なのです。

 

 

そのためには、当てるところだけではなく、
シャドーの暗さも重要になってきます。

 

 

 

例えば、曇天の時に撮影しなければならない時、
顔に当たる光が、どうしてもフラットになりがちです。

 

 

そういう時に、サイドから黒レフを、
顔に近づけると、
黒レフ側の顔が暗くなるのです。

 

片方を暗くして、
シャドーをあえて作ることで、
のっぺりとした顔が、
立体感のある顔に変わるのです。

 

 

 

男性を男らしく、渋めに撮影する時なども、
同じような方法で、黒レフを使うことで、
顔のシャドーをより暗くして、
コントラストを高くすることができます。

 

 

 

黒レフの使い方ですが、
まず、大きな黒レフの方がいいですね。

 

私は、900×2400の大きさのものを使っています。

発泡スチロールで作った、
片面が白、片面が黒のレフです。
これを2枚、つなぎ合わせてます。

 

ポイントは黒レフをできるだけ、被写体に近づけること。
被写体から遠くすればするほど、
黒レフの効果は薄れてしまいます。

 

 

もちろん、ファインダーに入ってしまわないように、
黒レフの置き場所を、
ファインダーを見ながら調節してみましょう。

 

 

まとめます。

黒レフを使う目的は、
・光がフラットな状態の時に、シャドーを作り、あえてコントラストをつけ、立体感を出す
・シャドーをさらに暗くすることで、より男性らしさを表現する

 

ということになります。

 

 

まだ、黒レフを持っていない方、
ぜひとも、自分で制作してみてください。

 

 

 

ホームセンターで40mmの厚さの900×1800の
発泡スチロールが売ってますので、
その片面に、黒のマットでペイントすればいいだけなので、
とても簡単ですよ。

 

 

 

 

ライティングから、ポートレートの基礎まで、
楽しく学べて、短期間で上達する、
“Newアドバンスコース”
が8/30(木)からスタートします。

基本のグラデーションライティングをはじめ、
ポートレート撮影が上手くなる108のポイントをベースに、
セミナー、ワークショップ、撮影実習、クリティーク
を通して、短期間で写真が上達するコースです。

7月28日、申し込み受付開始です!!!

詳しくはこちらをご覧ください!!
http://www.photo-bliss.com/newadvance.html

 

そして、ブリスのオンライン講座で、

シーニックフォトコース も9月からスタートします。

詳細は、メルマガでも流しますので、ぜひメルマガも登録してくださいね!

 

 

森藤ヒサシのイベントやセミナー情報はメルマガを中心に発信しています。
メルマガは大変多くの方に購読いただいており
「毎日メールが来るのが楽しみ!」
とご好評いただいております。
FBなどでも、セミナー案内もしておりますが、
メルマガで詳しく説明しておりますので、
ぜひメルマガ登録しておいてください!!
もちろん無料です。
ウザくなったら解除してね。
森藤ヒサシのメルマガ”LIght & Shadow”はこちらから ↓↓↓↓
 
 
#森藤ヒサシ #Bliss

関連記事

ピックアップ記事

  1. 人気講座「Newアドバンスコース」が、5月9日(木)に開講します。
  2. 私自身、長年シーニックフォトを撮り続けてきました。
  3. た〜くさんの方にお越しいただいた、森藤ヒサシの写真展「Nature& Art」「写真...

アーカイブ

Translate »