“怖くても、やりたいことをやることが自由への道”

 

みなさん、こんにちは。

 

「みなさんは、やりたいことできてますか?」

 

今晩から、ドバイに行ってきます。
今回は、ドバイカップでロイヤルファミリーの
写真を、撮影する予定になっています。

 

ドバイカップというのは、
世界最高峰の賞金額の競馬のレース。

 

賞金総額が1000万ドルというから、
すごいです。

 

そんなレースで、ロイヤルファミリーの
撮影が本当にできたら、
最高ですね。

 

 

まだ、本当に撮れるかどうか
わかりませんが、
撮れるのであれば、がんばります。

 

 

 

この話が来たのが、
実は今月。

 

 

“自分なんか、無理無理!!!”

 

と、こういう時は、
なぜか、よわーいセルフイメージの
自分が出てきます。

 

だって、
“まだ、自分はそこまでいけてないから”
とか、
“自分には荷が重すぎる”
とか、
言い訳だらけでした。

 

なにを遠慮しているのか、よくわからず、
ぐわっとプレッシャーに押しつぶされそうになったのです。

 

 

でも、よく考えたら、
“怖いけど、やりたい”っていうのがわかったので、
行くことにしました。

 

“本当にやりたいことって、怖いこと”
っていうのはよく聞くけど、
やっぱり怖いわー。

 

 

ロイヤルファミリーには、
わたしの、キレッキレのギャグ、
通じないし・・・

 

日本語だし・・・

 

 

 

なぜ、本当にやりたいことをやりたい時、
遠慮してしまうのか、考えてみました。

 

一番大きいのは、
“親への遠慮”

 

小さい頃に、親から言われたことって、
なんかずーっと残っているのです。

 

なので、両親の常識を外れたことをやろうとすると、
“怒られるんじゃないか?”
と体が反応してしまうのです。

 

 

やりたいことを自由にやると、
・人から嫌われたり
・人から妬まれたり、
・まわりから白い目で見られたり
するような気がするのも、

 

やっぱり、小さい頃、
やりたいことを自由にやりすぎると、
親から怒られたりした影響。

 

 

でも、本当は、親は関係ないんだよね。

 

やりたいことをやればいいだけ。

 

怖いからやらないのは、
勇気がないから、と思っているけど、

その勇気も、親から離れる勇気と同じ。
だと思うのです。

 

 

という私も、
やっぱり怖い。

 

 

今回の、ドバイでの撮影を機に、
大きく変わりたいですね。

 

 

 

そんな、私が、
これから、本気で写真をビジネスにしようと思っている人、
写真のビジネスで、本気で稼ぎたいと思っている人、
に、本気でサポートする、コンサルスタートします。

 

ほとんどの場合、うまくいかないのは、遠慮。
自分の正直にやりたいことをやっていくための
コンサルをしていきます。

 

興味のある方、
まずは、体験セッションを受けてみませんか?
http://www.photo-bliss.com/trialprogram.html

 

対面でも、スカイプでも、
気軽に、今の問題、悩みなどを話すだけでも結構です。

 

 

また、本気でやってみたいと考えている方は、
http://www.photo-bliss.com/consultationprogram.html
からお申し込みください。

 

 

 

森藤ヒサシ Hicky

 

 

 

森藤ヒサシのイベントやセミナー情報はメルマガを中心に発信しています。

メルマガは大変多くの方に購読いただいており
「毎日メールが来るのが楽しみ!」
とご好評いただいております。
FBなどでも、セミナー案内もしておりますが、
メルマガで詳しく説明しておりますので、
ぜひメルマガ登録しておいてください!!
もちろん無料です。
ウザくなったら解除してね。

森藤ヒサシのメルマガ”LIght & Shadow”はこちらから ↓↓↓↓
http://www.photo-bliss.com/mailmagazine.html

#森藤ヒサシ #Bliss

関連記事

ピックアップ記事

  1. 人気講座「Newアドバンスコース」が、5月9日(木)に開講します。
  2. 私自身、長年シーニックフォトを撮り続けてきました。
  3. た〜くさんの方にお越しいただいた、森藤ヒサシの写真展「Nature& Art」「写真...

アーカイブ

Translate »