“ふわっと、キレのある光”

 

みなさん、こんにちは。

 

花粉症まっただ中の私です。
今年の花粉症は、まあまあ軽いなー、と思っていたのもつかの間、
先日ゴルフに行ってから、
体の中に花粉が溜まってしまったようです。

 

あと2週間、なんとかしのいで、
頑張りたいですね。

 

頑張るというか、踏ん張るというか、
残念ながら、花粉症と共存、とまではいかないで、
我慢して花粉症が終わるのを待ちます。

 

 

 

さて、3月に入って、写真の話、
特に、光(ライティング)についてお伝えしています。

 

光の話をしはじめると、
ずーっとでも、話していられるので、
メルマガも書いていて、
個人的には楽しいのです。
でも、だんだんマニアック的になってくるのが、
心配になっています。

 

大丈夫ですかね?

 

まあ、光フェチの私としては、
お伝えしていて嬉しいので、
もうしばらくお付き合いください。

 

 

今日は、逆光&半逆光についてお伝えします。

 

 

ポートレートで逆光の写真って、
すごく喜んでもらえます。

 

逆光の光が、レンズに入り込み、
フレア効果でふわっとし、
髪の毛には、ヘアライトが入って、
アクセントになって、
ふわっとしているイメージの中でも、
キレがある写真になるのです。

 

 

ただ、ふわっとしているだけだと、
“もやっぽい”のですが、
そこにアクセントライトとしての、逆光が入ることで、
画面の中でポイントとなり、
被写体を引き立たせてくれるのです。

 

 

私は、逆光を意識しながら撮影することが、
とても多いです。

 

個人的にも好きなだけではなく、
一般受けもするのです。

 

 

そういえば、
私が写真を始めた頃、
だいぶ前になるのですが、
逆光で撮影するのは、NGだと
言われていました。

 

それは、逆光で撮影すると、
レンズに光が入って、フレアやゴーストができ、
画面全体が白っぽくなり、
黒がしまらない写真になってしまうからです。

 

 

当時、”いい写真”としてベースにあるのが、
「白から黒までの階調を綺麗に表現する」
ということでした。

 

逆光で撮影すると、黒がしまらなくなり、
階調を綺麗に表現することができなくなってしまうので、
NGと言われていたのです。

 

 

最初に、これはNG、と言われると、
なんか、それが身に付いちゃいますよね。

 

なので、最初の頃は、
逆光では撮影しないようにしていました。

 

 

たまに、逆光で撮影してしまったとき、
出来上がった写真を見て、
“わたしとしては、好きだなー”
と思いながらも、
NGなので、一般的には外に出すことはありませんでした。

 

写真が、誰でも当たり前に撮れる時代になり、
どのように表現するのも自由になったのは、
2000年以降でしょうか?

 

そのころから、逆光の写真も、
世の中にどんどん出て来て、
雑誌などでも、逆光を使ったふわっとした写真が
主流にもなってきました。

 

 

デジタル化が進み、
フレアが入っても、コントラストを調整したり、
思い通りのふわっとした感じを表現できるようになり、
幅が広がっていったのです。

 

 

そうそう、肝心なこと忘れてました。
逆光とは、
“カメラから見て、被写体の奥からくる光のこと”
半逆光とは、
“カメラから見て、被写体の斜め奥からくる光のこと”です。

 

 

今では、逆光で撮影することで、
より、雰囲気のある写真を撮影できるようになり、
ナチュラル系の雑誌などは、
ほぼほぼ、逆光での写真ばかりです。

 

 

さらに、世の中でも、自然な雰囲気を好きな人が増えてきたことと
同じように、写真でもふわっとした写真が好きな人が、
多くなってきたような気がします。

 

 

 

 

 

写真をずーっとやってきて、
最初に逆光はNGと言われた意味も今はよくわかります。

 

もしかしたら、最初から自由に撮っていいよ!
といわれたら、何を撮ったらいいかわからなかったかもしれません。

 

最初に規制の中で撮影したことで、
実は基本が身についたのです。

 

なので、最初に逆光はNGと言われたのは、
今思うと、良かったことだと思うのです。

 

 

何が正しくて、何が間違いか、
こたえは、その時代その時代によっても違います。

 

最終的には、正しいとか間違いとかはなく、
自分の中で、好きか嫌いかで決めていけばいいのだと思います。

 

 

 

写真だけではなく、
何事においてもね!

 

 

 

写真と一緒にコミュニケーションも学びたい方、
ブリスのオンライン動画プログラムの
ブランディングフォトコースでお伝えしています。
http://www.photo-bliss.com/onlinecourse.html

 

 

 

また、写真をビジネスにしたい方。
人生を楽しく生きたい方、
まもなく、個人コンサルをスタートします。
写真を仕事にしたい方、お問い合わせくださいね。
hisashi_morifuji@onuki.tv

 

 

 

森藤ヒサシ Hicky

 

 

 

森藤ヒサシのイベントやセミナー情報はメルマガを中心に発信しています。

メルマガは大変多くの方に購読いただいており
「毎日メールが来るのが楽しみ!」
とご好評いただいております。
FBなどでも、セミナー案内もしておりますが、
メルマガで詳しく説明しておりますので、
ぜひメルマガ登録しておいてください!!
もちろん無料です。
ウザくなったら解除してね。

森藤ヒサシのメルマガ”LIght & Shadow”はこちらから ↓↓↓↓
http://www.photo-bliss.com/mailmagazine.html

#森藤ヒサシ #Bliss

関連記事

ピックアップ記事

  1. 人気講座「Newアドバンスコース」が、5月9日(木)に開講します。
  2. 私自身、長年シーニックフォトを撮り続けてきました。
  3. た〜くさんの方にお越しいただいた、森藤ヒサシの写真展「Nature& Art」「写真...

イベントセミナー

12月
16
2019
11:00 AM 大人のグループ撮影セミナー&エッ... @ パセオヌエボつくば
大人のグループ撮影セミナー&エッ... @ パセオヌエボつくば
12月 16 @ 11:00 AM – 5:00 PM
大人のグループ撮影セミナー&エッジライトを利かすモデル撮影会 @ パセオヌエボつくば
毎年恒例で開催しているブリスでセミナーを今年も開催いたします。 今年は、以前からご要望が多かった『グループ撮影セミナー!』を開催します。 そして、今回は、モデルを使ってのエッジライトの効かせ方&撮影会を行います。 グループで撮影する際、なかなかきれいなライティングや素敵に見えるポージング、並べ方などで困っている方がたくさんいます。 そんな方のために、今回、フジフィルム営業写真コンテストで金賞を受賞した、ライティング、ポージングの技術を公開します!! セミナー後半は、実際のモデルを使った撮影実習も行います。 さらに、セミナー終了後には、ブリスの忘年会を開催します。 プロの写真撮影の技術を学びたいと言う方はぜひ。 グループ撮影セミナー 開催概要 ■ 日 時:2019年12月16日(月)11:00〜17:00 ■ 場 所:パセオヌエボつくば(茨城県つくば市二ノ宮3−22−3) ■ 料 金:一般:20,000円(税別)、ブリスメンバー:15,000円(税別) ※ ブリスメンバーは、過去にアドバンスコースの受講をされた方になります。 ※ ブリスメンバーは、過去にアドバンスコースを受講された方になります。

アーカイブ

Translate »