“私と写真の出会い(結婚編)”

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

わお、めっちゃ若い!!

みなさん、こんにちは。

 

アメリカ二日目です。
セドナに滞在していますが、
開きっぱなしの1日でした。

何が開きっぱなしかって?

 

まあ、自分はこうだと思ってしまっていた、今までの概念や、
学校や親からすりこまれたいたものが、
洗い落とされた感じ。

 

まあ、だいぶスピ寄りなので、
違う機会にお伝えしますね。

 

撮影もさらにパワーアップしそうです。

 

見えていないものも見えるようになってますからね。

 

 

ブルックスを卒業後、
アメリカには、毎年来ていますが、
冬に訪れたのは久々です。

 

冬とはいえ、アリゾナは昼間25度はあるので、
とても過ごしやすいですね。

 

そもそも、なぜアメリカに毎年来ているかというと、
パートナーのまっきーとの約束でもあります。

 

彼女と出会えていなかったら、
今の自分はないので、
今日は彼女との出会いから、少しお話しさせていただきますね。
(ちょっと長めです)

 

 

 

ブルックス時代に、まっきーと出会いました。

彼女は、写真とは関係のない、
UCSB(University of California Santa Barbara)に通っていました。

私の友人を通じて知り合い、
一度は振られるのですが、
半年後、付き合い始めます。

 

んー、この辺を書くと、恥ずいですねー。

 

96年、私の方が半年早く帰国し、
98年に、結婚しました。
アメリカ時代から付き合い始めて、そのまま結婚する人って少ないんですよ。
(こう書くとスムーズなように見えますが、ゴタゴタばかりだったんです。)

まっきーは、結婚後、

東京で英語の先生をしている傍、
水戸のスタジオを手伝ってくれるようになりました。
(同じく、ゴタゴタありましたが)

 

当時、小貫写真館は、売り上げが少しずつ減少している時期でした。
私が戻ってきたことで、すぐに売り上げが上がると思っていたのですが、
帰ってきて3年間、下がり続けます。

 

それを、一緒に立ち直しをしてくれたのが、
パートナーのまっきーでした。

 

自営業の、お嫁さんに入るって、
本当大変ですよね。

 

相手の、両親や親戚とも一緒に働かなくちゃならないのです。

 

その家では、必ず独自のしきたりや考えもあるので、
それに従ってくれたのは、感謝でしかありません。

 

彼女は、私の写真の一番の理解者であり、
きびしい批評家でもあります。

 

わたしが、自分がいいと思った写真でも、
“良くないものは良くない”、と、
バッサリ切ってくれるのです。

 

同じように、私の経営の対する考え方も、
自分中心だったものから、
社員目線、お客様目線での発言をガンガンしてくれることで、
旧態然のやり方から変わっていき、
売上が上がり始め、立ち直っていったのです。

 

2000年には、新店舗パセオヌエボをオープンし、
社員も3倍に増え、売上も倍増しました。

パセオヌエボみと

 

“写真が上手ければお客様が来てくれる”
と思っていた、フォトグラファー寄りの考えを、

“スタッフが働きやすい環境と、オシャレで来たくなるスタジオをつくる”
という考えにしてくれたのは、
まっきーの影響でした。

 

夫婦というのは、お互い考え方が違います。
よく夫婦は鏡である、と言いますが、その通りです。

 

ポジとネガが合わさって、一つになるように、
夫婦で一対、ようやく一人前になるのだ、
改めて思わせてくれました。

 

もちろん、その分本音も言い合うので、
喧嘩も多かったのですが・・・
(3000回以上は喧嘩してるだろうなー?)

 

 

最初に戻ります。

 

まっきーと結婚するときに、
“毎年サンタバーバラに行く!”
という、約束をしました。

 

それが、20年経った今でも、まだ継続できています。 えらい!!

 

最初の頃は、
“そんなのは無理!”
と思っていました。

 

今では、私自身、サンタバーバラに帰ってくることで、
いろいろなことがリセットされるだけではなく、
作品も撮影しているので、

毎年来たい、と思うようになってしまったのです。

 

まっきーという応援者がいてくれたからこそ、
写真家としても、経営者としても、
今の自分があるのだと思っています。

 

 

今日の教訓

“写真が上手ければお客様が来てくれる、のは間違い!”

多くのカメラマンがこういう考えをしています。
写真が上手いのは、当たり前。
その上で、お客様目線で考えることが重要なのです。

 

“応援があることへの感謝を忘れない”

夫婦は一対であることを忘れないことが大事です。
常に自分の考えだけではなく、相手の考えを尊重することがほんと大切!

 

書いていてもできていない自分に頭を抱えてしまいます・・・

 

 

森藤ヒサシ Hicky

 

 

 

 

森藤ヒサシのイベントやセミナー情報はメルマガを中心に発信しています。

メルマガは大変多くの方に購読いただいており
「毎日メールが来るのが楽しみ!」
とご好評いただいております。
FBなどでも、セミナー案内もしておりますが、
メルマガで詳しく説明しておりますので、
ぜひメルマガ登録しておいてください!!
もちろん無料です。
ウザくなったら解除してね。

森藤ヒサシのメルマガ”LIght & Shadow”はこちらから ↓↓↓↓
http://www.photo-bliss.com/mailmagazine.html

#森藤ヒサシ #Bliss

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

関連記事

Translate »