“2-2 柔らかい光にする(光を反射させる)” -顔に当てる光は白い壁やレフに反射させて柔らかくする-

 

みなさん、こんにちは。

 

 

今日のポートレート108のテーマは、

昨日に引き続き、柔らかい光に関してです。

 

”柔らかい光にする(光を反射させる)”。
– 顔に当てる光は白い壁やレフに反射させて柔らかくする-

 

をお伝えします。

 

 

 

昨日は、柔らかい光にするには、
とにかくソフトボックスを
できるだけ近づけること、とお伝えしました。

 

柔らかい光は、
面光源なのです。

 

なので、とにかく大きくすること。
被写体から見て、大きな面で当てること。

 

が、柔らかい光にする方法です。

 

 

でも、大きなソフトボックスで、
できるだけ被写体に近づけて撮影すれば、
柔らかい光になるのはわかっても、
そんな機材を持ってない人もいますよね。

 

 

今日はそういう時の方法です。

 

 

例えば、クリップオンストロボしか持っていない時、
直で当てると、硬いライトになりますよね

 

 

白い壁があれが、クリップオンストロボを、
壁に向かって当て、その反射が被写体の顔に当たるようにすれば、
反射した時の反射の光が、メインライトになるのです。

 

その時の光の大きさは、
クリップオンストロの大きさではなく、
反射した、壁に当たった明るい部分の大きさなので、
すごく大きなライトになりますよね。

 

だからこそ、反射した光が、
柔らかい光になるのです。

 

 

 

白い壁じゃなくても、
白い大きなレフ板があれば、それでもOKです。

 

 

 

わたしも、このtipsを覚えてから、
どんな場所に撮影に行っても、
全く怖くなく、
どういう状況でも撮影できる自信がつきました。

 

ついつい、ストロボを持っていると、
怖くなって、直で被写体に当ててしまう場合がありますが、
そういう経験をしなくてもいいのです。

 

ただ、白い壁に当てる時、
壁に少しでも色が入っていると、
色に影響されるので、
その際、色温度を調整する必要があります。

 

 

 

また、天井バウンスで撮影されている方も多いと思いますが、
天井バウンスは、上からの光になるので、
きれいには見えなくなってしまいます。

 

できたら、横にある白壁を使って、
サイドからの光で、やわらかい光をつくってみてください。

 

 

 

まあ、物は考えようなので、
使えるものは、なんでも使ってみましょう。

 

色があっても、あとで調整すればなんとかなります。
多分ですが。

 

もしくは、調整できなさそうな時は、
色重視で、クリップオン直当てでいいと思います。

 

臨機応変に対応してください。

 

 

 

 

 

ライティングから、ポートレートの基礎まで、
楽しく学べて、短期間で上達する、
“Newアドバンスコース”
が8/30(木)からスタートします。

基本のグラデーションライティングをはじめ、
ポートレート撮影が上手くなる108のポイントをベースに、
セミナー、ワークショップ、撮影実習、クリティーク
を通して、短期間で写真が上達するコースです。

 

いよいよ7月28日、申し込み受付開始です!!!

詳しくはこちらをご覧ください!!
http://www.photo-bliss.com/newadvance.html

 

そして、ブリスのオンライン講座で、

シーニックフォトコース も9月からスタートします。

詳細は、メルマガでも流しますので、ぜひメルマガも登録してくださいね!

 

 

森藤ヒサシのイベントやセミナー情報はメルマガを中心に発信しています。
メルマガは大変多くの方に購読いただいており
「毎日メールが来るのが楽しみ!」
とご好評いただいております。
FBなどでも、セミナー案内もしておりますが、
メルマガで詳しく説明しておりますので、
ぜひメルマガ登録しておいてください!!
もちろん無料です。
ウザくなったら解除してね。
森藤ヒサシのメルマガ”LIght & Shadow”はこちらから ↓↓↓↓
 
 

#森藤ヒサシ #Bliss

関連記事

ピックアップ記事

  1. あの人気講座「アドバンスコース」が帰ってきます。
  2. 私自身、長年シーニックフォトを撮り続けてきました。
  3. た〜くさんの方にお越しいただいた、森藤ヒサシの写真展「Nature& Art」「写真...

アーカイブ

Translate »