“ストロボってすごい!”

 

みなさん、こんにちは。

 

昨日は、久しぶりのオフ。
とはいえ、一日中、デスクワークでした。

 

まあ、1日家にこもっているので、
目と鼻は楽でした。

 

夕方から、
息子と二人で映画館。
たまにはいいですね。

 

MARVEL/系の映画なので、
うちの奥様は、あまりヒーローもの好まず、
楽しく見てきました。

 

 

 

今日は、ストロボについて
お伝えしますね。

 

 

以前は、私たちのような、
写真スタジオでは、
ほぼ100%近く、ストロボを使って撮影していました。
場所によっては、タングステンのライトを
使用していたスタジオもあります。

 

ストロボってすごいんです。
何がすごいかっていうと、
太陽と同じような光が、
一瞬だけ光るんですよね。

 

まあ、当たり前のようなことですが、
他の光と違って、
太陽光に波長を近づけるために、
研究して作られているライトなんですよね。

 

なので、ストロボを使って撮影すると、
発色がいいんです。

 

通常デジタルカメラは、
基本的には、太陽光の時に、
綺麗に見えるように作られています。

 

カメラメーカー各社は、
CMOSなどのセンサーや
色を作るのエンジンなどを
常にバージョンアップしながら、
しのぎを削っています。

 

ストロボは、
太陽光に最も近い波長で作られているため
発色がいいんです。

 

他のライトだと、
太陽光と色温度が近くても、
波長やスペクトルが違ったりして、
思ったように色が出なかったりするのです。

 

さらに、ストロボは一瞬だけ光ります。
これも当たり前のようですね。

 

光のスピードは、1/1000sから1/15000sくらいです。
よくわからないかもしれませんが、
すごーく早いスピードで光っているのです。

 

一瞬だけ光るということは、
動きを止めることができるんですよね。
当たり前のようですが、
それがすごいことなのです。

 

以前は、スタジオ用の照明機器は、
被写体を明るくして写すために、
使われていました。

 

なので、ただ明るくなればよかったのですが、
今は、被写体の魅力を引き出したり、
色の再現性を求められたりします。

 

ストロボは、アクセサリーなどを使いながら、
光質も変えることができます。

 

なので、自分の撮りたいイメージを
撮影するためには、撮影用照明機材として、
ストロボは最適なのです。

 

 

 

ただ、ストロボの使い方って難しいですよねー。

 

クリップオンとして使うのは、
被写体を明るくするため。

 

どの方向から、どういう光質で当てれば、
被写体を魅力的に撮影するためには、
知識や技術が必要になってくるのです。

 

 

その辺に関しては、
またの機会にお伝えしますね。

 

 

 

とにかく、ストロボってすごいんです。

ストロボじゃなくても、
世の中当たり前のように使いながら、
すごいものってたくさんありますよね。

 

インターネットしかり、
自動車しかり、
蛇口をひねれば、綺麗な水が出るインフラしかり。

 

当たり前のように使っていますが、
先人のおかげで、今使わせてもらっているので、
感謝しなきゃですね。

 

 

そうそう。

ありがとうの反対のことばは、
あたりまえ。

 

ですもんね。

 

 

当たり前のように使っているものすべてに
感謝です。

 

 

 

写真と一緒にコミュニケーションも学びたい方、
ブリスのオンライン動画プログラムの
ブランディングフォトコースでお伝えしています。
http://www.photo-bliss.com/onlinecourse.html

 

 

 

また、写真をビジネスにしたい方。
人生を楽しく生きたい方、
まもなく、個人コンサルをスタートします。
写真を仕事にしたい方、お問い合わせくださいね。
hisashi_morifuji@onuki.tv

 

 

 

森藤ヒサシ Hicky

 

 

 

森藤ヒサシのイベントやセミナー情報はメルマガを中心に発信しています。

メルマガは大変多くの方に購読いただいており
「毎日メールが来るのが楽しみ!」
とご好評いただいております。
FBなどでも、セミナー案内もしておりますが、
メルマガで詳しく説明しておりますので、
ぜひメルマガ登録しておいてください!!
もちろん無料です。
ウザくなったら解除してね。

森藤ヒサシのメルマガ”LIght & Shadow”はこちらから ↓↓↓↓
http://www.photo-bliss.com/mailmagazine.html

#森藤ヒサシ #Bliss

関連記事

ピックアップ記事

  1. 私自身、長年シーニックフォトを撮り続けてきました。
  2. た〜くさんの方にお越しいただいた、森藤ヒサシの写真展「Nature& Art」「写真...
  3. お待たせいたしました。ポートレート実践コース5期が、4月12日から始まります。

アーカイブ

Translate »